サービスの特長

独自開発のコンバートツールでコスト低減

弊社のコンバージョンサービスでは、独自開発の自動コンバートツールを用いて変換作業を行います。
自動コンバートツールは随時更新を行っており、高い変換率を維持しています。
このようにして自動変換比率を高めることで、コストの低減を実現します。
独自のコンバートツールでコスト低減

 

高品質な手動コンバートの実現

自動コンバートでは、VB6のコードをVB.NETのコードに完全に変換することはできません。
そのため、弊社の技術者が手動で最終的な変換作業を行います。
弊社では過去の実績として、手動コンバートの実績を蓄積しています。
また、経験豊富な技術者が参加して変換作業を行うことで、高い品質を確保しています。
高品質な手動コンバートの実現

 

サードパーティ製品にも完全対応

現行のVB6アプリケーションで使用しているサードパーティ製品は、Windows XPの後継OSでサポートされていないものがほとんどです。
弊社サービスでは、VB.NETに置き換える際に、サポートされている後継製品への入れ替えを行います。

主なサードパーティ製品入れ替え実績
表計算 / グリッド SPREAD、VS-FlexGrid、True DBGrid
帳票印刷 / レポート ActiveReports、Crystal Reports
入力 / フォームデザイン InputMan、QuickPak
グラフ / チャート True WebChart、Olectra Chart
その他 ActiveTreeView、MapDK

 

基本のサービスプラン

ツールによる自動コンバート Visual Basic アップグレード ウィザード + 独自開発の自動コンバートツールで、VB6のコードを自動変換します。
手動コンバート 自動コンバートで変換しきれなかった部分を、手動コンバートします。
また、VB.NETに最適な実装方法への変換も行います。
単体テスト 手動コンバートを行った部分について、テストを実施します。
現新比較 新/旧システムの画面、及び動作について、比較検証を行います。
※全ての動作を保証するものではありません。

 

こんなメリットも!

保守・改修コストの削減

VB6の若手技術者は減少傾向にあり、技術者の確保が難しくなっています。
VB.NETに変換することで、保守・改修コストを削減することができます。

最新開発環境で拡張性、将来性を確保

VB.NETに変換することで、開発環境のサポートが終了している問題が解消しますので、今後も安心してシステムの改善に取り組むことができます。

教育コストが不要

ユーザインタフェースの変更がありませんので、新たに教育を行う必要がありません。

上へ戻る