staff_1_2

 

staff_1_3
 
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」

これは「種の起源」で知られるイギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンの言葉です。
ダーウィンは、生物が種として生き残るのは、環境に適応し、変化したものだとしていますが、これは現代社会でも非常に当てはまると思います。
刻々と変化する時代、状況において、既存の成果、やり方に満足せず、常にベストな方法を考え、実行できる人こそ現代社会において生き残れると思います。
特にITの分野では技術の進歩がめまぐるしく加速しています。このスピードについていき、道を切り開けるものが本当の意味で活躍できるのだと思います。

 

IT業界の魅力は?

staff_1_4
 
 
自らの技術で自分たちの生活を
変えることができる


現代では様々な分野の基礎技術としてITが活用されています。そのITを担い、様々な分野で幅広く社会貢献ができることが魅力の一つだと思います。
また、IT業界は技術分野としても成長段階で日々新しい技術が生まれています。昨日まではできなかったことが今日はできるようになっている、今日はできなくても明日にはできるようになっている、ということが日常のように起こります。最近の身近な例ですと、スマートデバイスやクラウドコンピューティングの登場がIT業界に大きな影響を及ぼしています。スマートデバイスによって今までコンピュータに触れてこなかった人、コンピュータを導入できなかった現場などにも活用できるようになり、搭載された様々なセンサーによってPCでもできなかった活用方法が生み出されています。
そしてクラウドコンピューティングはIT分野におけるインフラ基盤の確保のハードルを圧倒的に下げました。これによりIT分野への新規参入が増加し、新たなサービス、価値があちこちで生まれています。
今後もIoTやロボット分野など様々な技術革新が起こり、そのたびにITが社会を変えていくでしょう。

 

FDCの特徴、強みは?

 

「質の高い技術力」「充実した教育体制」

 

FDCは創業以来、様々な業種のIT分野に関するシステム開発、技術サポートを行ってきました。主にBtoBの分野で仕事を行っており、大手企業様にも信頼を頂いています。
技術分野としては、消防・警察の指令システムや企業や施設内での内線電話などで利用されているPBX分野、生産管理システム、銀行システムといった業務システムなどが主要な分野になります。その他、宇宙・衛星分野、防災分野、産業用機器、スマートデバイス分野など弊社の技術を生かした様々な分野で貢献しています。
弊社の強みである質の高い技術力を維持強化するために、国際規格の認証を取得したマネジメントシステムを基盤とした社員教育、先輩社員のフォローが充実しています。
このような教育体制が確立されていることにより、IT未経験者の入社が多いです。

 

SEに向いている性格とは?

  • 新しい技術(モノ)が好き
  • 考えるのが好き
  • 人とコミュニケーションをとって何かを作り上げるのが好き

 

求める人材は?

staff_1_5

明確な目標を持って生きている人は非常に魅力的です。それがITの分野であれ、他の分野であれ、プライベートなことであれ、何でもいいと思います。
私自身そういう前向きな人と仕事をすることが非常に楽しく、仕事の醍醐味だと感じます。
FDCは目標を持って頑張っている人を応援し、成長できる場を提供しています。


今後の目標は?

FDCと言えば、コレ!という製品・サービスを生み出すことです。
例えば、自分の子供に「お父さんどんな仕事してるの?」と聞かれたとき「お父さんはこれを作ってるんだよ。これがあると世の中がこんなに便利になるんだよ。」ってドヤ顔で答えられるようにしたいですね。
今は我々の持っている技術を生かし、社会を少しでも良くしていけるよう日々研究を重ねています。

 

休日の過ごし方は?

基本は子供と遊んでいます。子供は予想外のリアクションをするので飽きないですね。
テニスをやっているのでもう少し大きくなったら子供と一緒にやりたいですね。
あとは映画館で映画を見るのが好きで、レイトショーとかによく行きます。マイナーな映画だと貸切状態なので気持ちいいです。

 

入社を希望されている方へメッセージ

staff_1_6

 
弊社を志望して頂き、ありがとうございます。
FDCの考えに共感して頂けていたら非常に嬉しいです。
これからの就職活動や社会人としてやっていく中で苦労することや壁にぶつかることがあるかもしれませんが、それは皆さんの成長の機会です。
そんな成長の機会をFDCの社員として一緒に乗り越え、成長する時間を共有することができたら非常に素敵だと思います。
是非一緒に仕事しましょう!

 

上へ戻る